ケアハイツに入社した社員の
インタビューを掲載中です。

2016年入社 【勤務地】けやきハイツ
介護士インタビュー

いつもけやきハイツ利用者から元気をもらっています。その感謝の気持ちを大切にしています。

けやきハイツで働く介護士インタビュー

入社するまでの経緯について教えてください。

入社する前は、有料老人ホームで勤務していました。
初めて介護士として働き出したのも以前の施設でした。

まだ開所5年目の新しい施設で、立ち上げ当初からいたスタッフも多くみえ、当時の苦労ややりがいを聞く中で、今はとにかく経験を積んで、いつか新しい施設のオープニングメンバーとして活躍したいという気持ちが強くなっていきました。

そして今回、「けやきハイツ」のオープニングスタッフ求人募集を見て、「今だ!」と思い立ち面接を受けたのがきっかけでした。

入社するまでの経緯

仕事を始めた頃の感想をお聞かせください。

施設のオープニング時は、毎日がバタバタして大変というイメージを覚悟していましたが、思いの他、他ハウスの応援に駆けつけた先輩スタッフからゆっくり丁寧に指導して貰うことが出来ました。

また、物品の置き場所から業務内容まで、他ハウスでの様式等を参考にしながら新しいメンバーで、いろいろ話し合いながら楽しくスタートが切れたというのが一番の感想です。

仕事を始めた頃の感想

ケアハイツのどんなところに魅力を感じていますか?

やはりスタッフ同士の人間関係がとても良好であることです。

これまでの経験年数や職種も違うメンバーですが、“利用者様が穏やかで快適な日々を過ごして頂くには”という同じ思いで、気兼ねなくサポートをお願いできたり、こちらから言わなくても気付いてくれたりと、基本的には利用者様とマンツーマンの個別ケアではありますが、いつも近くに仲間がいるという安心感があります。

ケアハイツの魅力

ケアハイツだからこそ感じられる介護職としてのやりがいは何ですか?

介護職としてのやりがいは、やはり利用者様の笑顔です。

他にも、こちらから日々挨拶やいろいろな話題等の声掛けをする中で、これまでにない反応をされたり表情を見せてくれた時は、嬉しくて思わず他のスタッフを呼びに行ってしまいます。

お仕事のやりがい

成長するために心掛けていることはありますか?

周囲のスタッフがしている動きやケアをよく観察することです。

どのような段取りをして仕事を進めているのか、どんな点に注意しながらケアをしているのか、記録の書き方や残し方はどんな内容なのか等。

そこには、個々のスタッフのいろいろなスキルや仕事に対する姿勢が表れるので、自分がいいなと思ったことは、マネして試してみるよう心掛けています。

成長するための心掛け

将来の目標を教えてください。

目下の目標は、国家資格である介護福祉士を取得することです。

資格取得は経験があって知識もあるという証明でもあるので、それは、利用者様やご家族からもプロとして安心して任せて貰えると思います。

まずはそうなれるよう頑張りたいです。

将来の目標

育児・家事に奮闘中のスタッフも多いかと思いますが、仕事との両立で工夫している点はありますか?

私も多くいる家事と仕事を両立しながら奮闘しているスタッフの一人ですが、ケアハイツのシフトは両立しやすいと思います。

それは、夜勤が19時から翌朝8時までなので、夕食の準備をした後に出勤できる点や残業もほとんどないので、育児の面でも予定が立てやすい点です。

工夫という程、大それた事はしていませんが、あまり完璧を求めたり無理をしないようにしています。

工夫している点

これから介護の仕事を志す方へのメッセージをお願いします。

ケアハイツに入居される方の中には、人生の最後の瞬間をケアハイツで迎える方もみえます。
そこに立ち会う事もあります。
やはり一緒に同じ時間を過ごしてきた利用者様がいなくなるというのは、とても悲しく寂しい気持ちになります。

きっと利用者様の為にやれる事はたくさんあると思います。
しかし、限られた時間と人数の中で出来ることはわずかかも知れません。
その中でやれる事をスタッフが精一杯やる。
その結果として、悲しく寂しいけど「長い人生、本当にお疲れ様でした。」と言えるのだと思います。

求職者へのメッセージ