主治医との連携はどのようにされていますか?

主治医は、定期的に診療にみえるので、その都度、情報共有や相談をし必要があれば指示を貰っています。

頻回に申し送る必要がある利用者様については、FAXや電話連絡等で情報の共有を図り指示を貰います。

24時間対応なので、夜間でも問題なく連絡が取れ報告相談が出来ます。

時には主治医も参加し、ご家族とカンファレンスを開きます。

ケアに対する会社の方針を教えてください。

ホームページの「ケアハイツの理念」にあるように、理念行動指針を掲げており、スタッフ間のケアに対する価値観や優先順位を共有しています。

方向性を一つにしてチームケアを行うことで、利用者様やご家族の満足度を高め、更に働く職員も誇りを持ってケアが出来る職場の実現を目指しています。

以前、病院や介護施設で働いてからブランクがあるのですが…

ブランクがある方でもご安心下さい。

所属長が面談により現段階のスキルや不安な面を聞き取り、それを基に個別に研修日程や目標を設定します。

その後、定期面談の際に達成の有無を確認しながら段階的に習得が出来るようサポートします。

以前働いていた業務内容や年数により研修内容も違ってくるので、まずはお気軽にご相談ください。

職員はどのように配置されていますか?

ハウスにより若干異なりますが、日勤帯は利用者様3名に対しスタッフ1名、夜勤帯は利用者様8名に対してスタッフ1名の配置で、通常の病院や施設より多い配置をしています。

またスケジュールに沿って個々の居室を訪問し、定められた時間を使ってサービスを提供する為、個別ケアが基本で一人一人にじっくり関わることが出来ます。

入浴業務はありますか

入浴は利用者様お一人につき週2回を予定しており、介護スタッフが2名一組で入浴を行います。

入浴は利用者様の楽しみの一つで、大変喜ばれています。

発熱等により入浴が出来ない場合は、ベッド上で全身清拭を行います。

また、呼吸器の方等、医療依存度の高い方の入浴は、看護師が立ち会い緊急時に対応できるよう配置しています。